お肌の美白は、漂白型と予防型がある

美白化粧品を使う女性 何気なく使っている美白化粧品ですが、配合されている有効成分には漂白型と予防型があります。
肌質やシミを予防するのか改善したいのかで、お勧めの有効成分は変わってくるのです。
ですので、美白化粧品を購入する際は、どのような成分が含まれているかチェックしましょう。

まず漂白型ですが、ビタミンC誘導体とハイドロキノンという成分が代表格です。
シミはメラニンという色素が、肌に沈着する事で起こる肌トラブルです。
ビタミンC誘導体とハイドロキノンは共に、優れた還元作用がありメラニン色素を薄くする効果が期待できます。
特にハイドロキノンの場合、美白化粧品だけでなく医療機関でもシミ治療に用いられる程の美白効果の高さから「肌の漂白剤」「美白の王様」と言われる程です。
今あるシミを解消したいという場合は、ビタミンC誘導体・ハイドロキノンに着目してみましょう。

まだシミはできていないけれど、今後のためにも予防したいという場合にお勧めなのがアルブチンやエラグ酸、トラネキサム酸といった予防型の成分です。
メラニン色素はチロシナーゼという酵素が作用する事で作られていますが、この予防型の成分にはチロシナーゼの働きを抑制するという働きをします。
すでにシミができている場合、チロシナーゼを抑制してもあまり美白効果は期待できないので、あくまで予防という観点から使用するようにしましょう。

このように、同じように感じる美白化粧品には、含まれている成分によってそれぞれ用途も異なってきており上手く使い分ける事によって、気になるシミの悩みを解消できるかもしれません。

ハイドロキノンを使用する時の注意点

女性の肌に関する悩みとして多く挙げられるのが、シミに関する悩みです。
シミの原因ともなるメラニン物質は年齢とともに蓄積され、シミとして皮膚の表面に現れるとなかなか消す事が難しいとされています。
シミそんなシミに対して効果があると言われているのがハイドロキノンですが、このハイドロキノンは今では数多くの化粧品に配合されるようになってきました。
そんな肌の美白剤として使用されているハイドロキノンですが、その濃度によって肌に与える影響に大きく差があります

一般的な化粧品に配合されているハイドロキノンは1~3%のものがほとんどです。
この配合率は比較的安全性の高い濃度であると言われていますがその分即効性に欠けているため、十分な効果を期待する場合には長期の使用が必要となります。
また、ハイドロキノンが4~5%配合された商品もあり、濃度がやや高くなっている分その効果も期待できます。
肌への刺激や負担も強くなるため、肌の弱い人はかぶれや赤みなどの症状を引き起こしてしまう事があります。
そのため、ハイドロキノンを使用するにあたって相性を試すためのパッチテストを実施する事が重要になります。
また使用する肌の角質層に水分が多く含まれているとハイドロキノンの浸透率が高くなりすぎてしまうため、洗顔後すぐの使用は避けた方が良いとされています。
それ以外にも、シミのない箇所にハイドロキノンが付着すると白班等のトラブルを起こしてしまう事もあるため、必ずシミのある箇所にのみ使用することが、肌トラブルを避ける意味でも重要になります。

このようにハイドロキノンを使用するには多くの注意事項をあらかじめ確認しておかないと結果として逆効果を招く危険性もあります。

ハイドロキノンを安く買うには個人輸入代行を利用

日本で購入できる化粧品に入っているハイドロキノンの濃度は低く、その濃度は1%~2%と言われており、美容外科などでも処方されているハイドロキノンの濃度は4%と5%が主なものになっています。
これだけを見るとハイドロキノンを利用したければ美容外科などで処方してもらった方がお徳だと思ってしまいますが、美容外科などの病院で処方してもらう時には、健康保険が利用できないのです。
美容目的の使用のため全額自費負担となり、診察代とハイドロキノンの料金を合わせると1回の診療で5000円程度かかります。
また処方薬の場合には少量なのに高額になってしまい、朝晩2回使おうと思った時には量が少ないと感じてしまうかもしれません。
そして何度も病院に通うことになると、金銭的にも時間的にも負担になる人もいるでしょう。
そのような場合には、個人輸入代行の利用をオススメします。

個人輸入代行なら24時間いつでも自分のタイミングで購入ができ、何よりも価格が安いのが嬉しいポイントです。
個人輸入代行を利用中の女性 5%の濃度のハイドロキノンが、美容外科などで処方されるものの約10倍の量が入っていて、3分の1~4分の1の価格で購入することができるのです。
使い方を分かっていたり、顔以外の部位にも利用したい時には個人輸入を利用するのが便利です。
購入の仕方は通常のネット通販とほとんど変わらず、輸入の品でも日本語で注文等ができるのもメリットの一つです。
支払いもクレジットカードや銀行振り込みが利用できるので、国内でネット通販を行うのと差はありません。
ただしパッケージ等は輸入した国の言語がそのままのため、使用法等はしっかりと調べておくことが重要です。

おすすめ記事