男の子と女の子にオススメの習い事一覧

子供にとって習い事は将来の可能性を広げる要素のひとつで、いろいろな習い事を体験させてあげることも大切です。ただ、一番大事なことは子供が自発的に習いたいと思っているのか、また楽しくできるのかということなので、その点をしっかりと考えてあげることが大事です。
女の子にオススメの習い事は?
今も昔も変わらず女の子に人気がある習い事といえばピアノとクラシックバレエです。オススメの理由は、絶対音感が養われる・体の柔軟性が身に付く・姿勢が良くなるなど様々あります。しかし、何といっても最大のオススメの理由は、かわいい衣装で発表会に参加する子供の姿が見られることです。パソコンなどの普及で手書きの機会が減少していますが、美しい字を書けることは一生の宝になるので書道もオススメの習い事です。特に女性の場合は、将来的に悪筆ということで損をしてしまうことが多いので、女の子にオススメの習い事と言えます。その他には、フィギュアスケートや合気道などスポーツ系の習い事もオススメです。
男の子にオススメの習い事は?
小学校ではプール授業があるため水泳は必須と言っても過言ではない存在です。また一番楽しい体育の種目なので、泳げないと楽しくありませんし劣等感を持ってしまう可能性も考えられるので、習わせておきたいオススメの習い事のひとつです。それから体力づくりや体の基幹を鍛えられてその後にどんなスポーツをやるにしても役立つ体操教室や、男の子に人気の野球教室・サッカー教室もオススメの習い事です。特に子供が外で安心・安全に遊べる場所が減少している現代においては、子供たちのストレス発散の場にもなるのでオススメです。それから女の子にオススメの習い事でも紹介しましたが、字は人間性を表すとも言われていて、美しい字を書けることは一生の宝になるので書道もオススメの習い事と言えます。特に男の子は落ち着きがなかったり、行儀が悪かったりするので、それらの点を改善するためにも適している習い事と考えられます。

子供の習い事が与える影響とはどのようなこと?

子供の習い事は必要か?
ピアノ・バレエ・ダンス・体操教室・野球・サッカー・英会話・書道・学習塾など様々な習い事があります。そして、幼少期から中学生まで全年代の約87%の子供たちが何らかの習い事をしているといった調査結果があるのです。子供の習い事には様々なメリットがありますし、いろいろな影響を与えるものです。また、何を習わせるかで成長していく部分に関しても違いがあるので、子供の習い事が与える影響について知っておくことも大切です。
子供の習い事のメリットと与える影響は?
子供が興味を持っているものを親子で一緒に楽しみながら学んだり、遊んだりできるのはステキなことですが、その内容によっては家庭でやるのは限界があることも少なくないです。また、きちんと専門知識がある指導者から基礎を学ぶ方が、子供の才能を伸ばすことができる環境になることも考えられます。その点から考えると、子供にとって自由に好きなことができる環境が習い事になることもあるのです。それから習い事では専門的なことを学ぶと共に、挨拶・協調性・主体性・積極性など、様々な社会性を子供ながら学ぶことが可能です。このように社会で生活する上で必要な基礎を子供の頃から習い事を通して学べることは良いことです。また、達成感や成功体験を積み重ね成長していことは、大人になってからも役に立ちますし大きな影響を受けることになります。
良い影響を与えるためには
習い事から得られるメリットや与える影響は異なりますが、何といっても大事なことは子供がやりたいことを自発的に実践できることです。本当に好きなことを習うことで大きく成長できる可能性がありますが、逆に嫌々させられる習い事は効果が薄くて身につかない可能性があるのです。ただ、なかなか子供の意思というのは分かりづらくて難しいですが、生活の中で子供の好きなことを一緒に探してあげることです。そして、やると決めたら子供だけではなく親も責任と忍耐が必要で、指導者を信頼してお任せし見守ることも大切です。

ゆとり教育と英才教育の違いについて考えてみる

「ゆとり教育」とは
ゆとり教育は、知識を詰め込む教育が批判されることを契機に、一人ひとりの学習ペースに合わせて学ぶといったゆとり教育の考え方が誕生しました。ゆとりを持つことにより豊かな人間性や生きる力を育てると共に、基本的な知識を確実に定着させて個性を育てる教育です。その為に、授業時間の縮減や学習内容の削減など学校教育のスリム化を実施することになり、それにより学習内容を必要最低限の範囲に留めることになったのです。また、教室や学校の実態を考慮した授業の展開を現場の教師などに一任するようになりました。確かに基礎知識だけを頭の中に詰め込む勉強では子供の自由な想像力は伸ばせませんが、その一方でゆとり教育と学力低下の因果関係が議論されていることも確かです。明確な根拠はありませんし解釈にも違いがありますが、ゆとり教育に移行した後において読み・書き・計算能力が低下していることは明確です。そのこともあって再びゆとり教育の見直しが、詰め込み教育を見直した時と同様に進められているのです。
「英才教育」とは
特に知的能力や才能に優れた児童に対する教育が英才教育で、年齢に関係なく先取り学習で学力を身に付ける早期教育というのもそのひとつです。また一流大学や大学院卒業を目的とする教育指針、トップアスリートになるための訓練などのエリート教育も英才教育に該当します。知識や才能を伸ばす優れた教育ではありますが、その反面で早期英才教育には落とし穴もあるのです。それは劣等感が生まれてしまう可能性がある・他の子よりも優れていると勘違いしてしまう・受け身の勉強癖が付いてしまうなどです。
ゆとり教育と英才教育の違いを学び教育を考える
ゆとり教育と英才教育には相反する相違点があると共に、それぞれメリット・デメリットがあります。どちらがより優れた教育なのかは議論が分かれることですが、大事なことは子供たちがその環境で楽しんで学べることです。それが一番良い効果を発揮する教育になると考えられます。